株式会社サンワ・アイ

ねじ等の締結部品の専門商社サンワ・アイ。一般締結部品から社内製造課による特殊加工品まで、品質の安心をお届けします。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
TOP|材質・熱処理について/ステンレス鋼の磁性
技術レポート
材質・熱処理について
ステンレス鋼の磁性

ステンレス鋼は一般的に非磁性であると思われていますが、ステンレス鋼の中でも非磁性なのは
オーステナイト系ステンレス鋼です。しかし、冷間圧造やローリング加工等で加工硬化及び加工誘起の
マルテンサイト変態が発生し、透磁率が上昇して着磁する場合があります。
また材料の伸線状況や加工の方法、加工の度合いによって磁性の発生や強弱が生じることがあります。
オーステナイトステンレス鋼は非磁性を理想とされる部位もあり、難しい問題のひとつとなっています。


マルテンサイト変態

強度の加工によって、それまでのオーステナイト組織が変態し、マルテンサイト組織を含む2層組織と
なること。


「磁性」
      
分類 代表鋼種 化学成分 磁 性
マルテンサイト系 SUS403 SUS410 13Cr C0.15以下 あり
フェライト系 SUS430 18Cr C0.12以下 あり
オーステナイト系 SUS304 SUS304J3 18Cr.8Ni C0.08以下 なし
  


カテゴリー選択



ねじの研究室 サプライヤー募集 製造課アッセンブリ輸入品FKEシール座金くさびナットラピス開発商品採用情報ISO